ニキビ治療にレーザーを利用

TOP > ニキビ治療にレーザーを利用

ニキビ治療の一つにレーザー治療があります。


皮膚科や美容外科などではレーザーによる治療が積極的に行われており、ニキビに対しても効果を発揮します。


炭酸ガスレーザーを利用する場合、肌表面に小さな穴を開けて毛穴に詰まった膿や皮脂を取り除きます。同じことを物理的な処置で行う場合は面皰圧出になりますが、炭酸ガスレーザーを利用することでも同様の効果が得られます。

白ニキビや黒ニキビなどの比較的初期の段階での症状を改善したい時に非常に有効ですし、腫れてしまった時にも利用できます。

穏やかな作用が期待できるはロングパルスYAGレーザーです。

ロングパルスYAGレーザーでは赤みを消すことができ、弱めのピーリング作用もありますので肌の代謝を高めて回復を助けることができます。

銀座のニキビ情報が満載です。

レーザーを当てた部分は除毛効果が期待できますので毛穴をクリーンな状態にしやすくなり、肌トラブルを起こしにくい環境にできるのも大きなメリットです。

穏やかな作用ですので劇的な効果は望めませんが、新陳代謝を促して健やかな肌作りが行えます。



フラクショナルCO2レーザーはニキビ跡の治療によく利用されます。

仕組みは炭酸ガスレーザーと変わりませんが、広範囲に細かい穴を開けるという特徴を持ちますので、表皮を再生するための上皮化が活発になり、ターンオーバーの働きを強化することが可能です。


跡の中でも重い症状と言われている凸凹とした症状であっても、このレーザーを利用すれば平らになっていきます。