ニキビができてしまったら皮膚科で治療

TOP > ニキビができてしまったら皮膚科で治療

お肌の悩みはたくさんありますが、その中でもニキビで悩んでいる方はたくさんいます。元々脂性肌でできやすかったり、思春期の場合、またオトナニキビができてしまうということもあります。

いじってしまいますと、悪化してあとにのこってしまうこともありますし、できるだけ早く治して跡にならないようにすることはとても大事です。

銀座のにきび跡治療が最近話題になっています。

ニキビができてしまったら、皮膚科などを受診して治療を行うことをおすすめします。



ちなみに、クリニックで行う治療の方法は、専用の器具を使い、膿を出したり、内服できる抗生物質と、塗り薬を処方してもらうことが一般的です。

また、レチノイン酸なども、併用して使っていくことで、より早く治すことができます。

治療法は、クリニックによって、またその症状によって違ってくることもありますが、保険が適用するというのは嬉しい点です。

意外と自己流で、ドラッグストアなどで薬を購入して治すという方も多いのですが、ドラッグストアなどで売られている市販薬は、成分的には弱めに作られていて、効果があまり出ないこともあります。

できれば、クリニックできちんと専用の薬を処方してもらうことをおすすめします。
跡に残ってしまった場合には、レーザーで解決することもできます。
その残り方にもよりますが、諦めないで医師に相談してみましょう。



一般的な皮膚科よりも、美容皮膚科の方が、レーザーなどの種類も多かったり、美肌にするためのスキルが備わっていますのでおすすめです。